おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

ナイフ野郎の人生とは

おれは最速の文章をあげた

走れば走るほど尖り、鋭く切り込んでいく

向かうところ、敵はなく

するすると現実はバラけていく

困ることも特にない

なぜならおれは止まらないから

何らかの残骸が見えることもない

 

知ってはいた

自分の走った後に、たくさんの亡骸があるとか

この先、向かうところにも、未来の幽霊がたくさん生きていることとか

 

おいおい、笑かすなよ

とまれる訳が、ないだろ?

 

血みどろは好きじゃなくて

自分の感性も憎いけど

とまったら、死ぬのはおれだぜ

 

まっぴらごめんだ

 

死にたくねえよ

 

 

 

 

死にたく、ねえ

 

 

 

 

 

走って、走って、走ってた

 

 

 

 

 

 

ある日は、天気よく青の下、草原を行っていた

 

少し遠くに、そうだな、最初は少しかたそうな岩に思ったけど、でかいヤツがいた

 

なんてことない

 

いつも通りにまっすぐ最短最速を行く

 

予定だった

 

 

 

 

 

 

 

ぶつかった瞬間、おれは跳ねたみたいだった

視点がまわった

 

思い切り入ったし

 

たぶん、意識を失ったんだろう

 

気がついたら

 

白い空間にいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天国かよ

 

 

 

 

 

 

 

最初はよかった

でも、目が慣れたら、ひとつ、ドアがあって

 

することもないし

おそるおそる開けた

 

 

 

 

 

そしたら、ビックリした

 

 

 

 

 

 

 

おれにソックリなナイフたちが

静かにズラアと並んで食事していた

 

早食いなの、遅食いなの

綺麗、汚い、丁寧、雑

 

見入って観察してたら

 

声がかかった

 

 

 

 

 

「起きましたね、気分はどう?」

 

 

 

 

 

 

答えにつまった

 

 

 

 

 

 

おれは死ねてなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その絶望でいっぱいで

 

 

 

 

 

わけがわからなくて

 

 

 

 

そっからはよくわからないが

 

 

 

 

いわゆる自殺未遂を繰り返し

 

 

でもあまりにも死ねないので飽きた頃

 

自分の刃が丸くなっているのに気づく

 

 

え?やばくない?どうなるの?これ?

 

 

 

 

 

初めての経験だった

 

 

鋭くなるばかりだった部分が

 

 

退化したとしか思えなかった

 

 

 

 

 

 

 

そして、長くなるのでハショるけど

 

 

 

 

 

とにかく今日は

そんな昔の驚きを思い出して

 

 

 

 

 

 

 

おれもかなり丸くなってきた喜びと

今でもフルーツくらいは切れるぞ、みたいな

ちょっとしたナルシズムがあり

 

これがおれの今の最適なバランスなのかもな、と思う

 

 

ナイフ野郎!!

 

 

 

 

誰かを傷つけて、芯から喜んでるやつは

いねえよ

 

 

 

 

 

 

それが、持論

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでくれてサンキュー

 

 

 

 

おれは日常に戻る

 

可愛いワイフと子どもたちがいて

 

最高のまいにちだぜまったく

 

 

 

 

生きてみるもんだな

 

 

 

 

 

 

はあ〜

 

 

薄っぺらなハッピーエンドだぜ

 

 

 

大好き