おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

大停電の夜に1

日記帳に書いた文章を少し編集してアップする。記録。

 

 

2018年9月6日

3時7分頃に大きな地震があった。

ネムとギャラリー顔で寝てた。

私はなんとなく意識があり、揺れ出してヤバいとすぐオネムに飛びついて起こして「机の下に入って!」と促すが反応がほぼなく動けず。

割とすぐにババゾンから電話が来た。安否確認。大丈夫。潰れてないす。

まだ揺れる可能性があったため家に戻って着替えた。外に出ると近所のおばあさんがいたので地震のことを話していた。すると突然、見える範囲ほぼ全ての電気が消え真っ暗に。星と月がめちゃ綺麗に輝いていた。

信号もとまってるのに車は走っている危ない光景を横目にオネム中島公園まで避難することに。セブンイレブンがやっていたので水とお茶とパン、カロリーメイトを買って歩く。しかし道路が怖くて渡れず。公園には暗い中にたくさんの人がひしめいているみたいだった。

ライン経由のウミさんの情報により、資生館小学校へ。工事現場、コンビニの明かり、ディナーベルは閉まっている。

なんとか着いた学校は開いてなくて。赤ちゃんを背負った母親も含め、たくさんの人が外で待っていた。

待っていても誰も来ずらちがあかない。ツイッターでブレーカーを落とした方がいいとあったので家に帰る。この頃には辺りが少しずつ明るくなっていた。

 

帰宅。ブレーカー落とし、風呂に水を張る。水道は使える。ライト付き自家発電?ラジオがあり、情報も得られる。

とりあえずすることがわからなくて顔でオネムとゴロゴロ(*´◒`*)した後、サドベリースクールへ行くことに。A君が関東から来ていて心配なため。オネムの生存を伝えるため。

ネムが水のシャワーを浴びる。ピャア。

顔を洗い、歯磨き。胸にあるだけのブローチをつける。お守りです。ギャラリーの近所のiさんと会話。自転車にまたがり出発。

セコマ本社稼働。セブン休業お疲れ様。まいばすけっともやっている。警察の方々がピーって笛を吹いて各交差点でクルマを誘導してた。頑張ってる!ありがとう!なんやかや、サドベリー到着。

A君は他のスタッフさんのおかげで無事平気そう。ババゾンから再び電話。元気を伝える。

帰りにまいばすけっとで買い物。すべて商品100円。ナッツ類、キウイ、オリーブ、ツナ缶などゲット。セコマでは野菜ジュースを買う。

コンロがIHのため、電気がないと使えない。ので豊平川での釣り帰りのiさんにタマゴとソーメンをあげる。ウケる。ろうそくもないらしいので200円で売った。

ちなみに現金を4万以上所持している。家賃を払うつもりだったから。ラッキー。

ギター弾いたり、こうして記録したりする。揺れたら即ギャラリーを出る練習、というか本番を繰り返している。電波状況も悪くスマホもインターネットができない。

苫小牧の発電所は復帰に1週間はかかるそう。ラジオから。他の水力発電で補うらしいが。どうなる?

 

続く。