おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

違う生き物

ネムと私は、亀と兎みたいに違う。

ネムはコツコツできる。

きっと穏やかに緩やかに坂をあがっていけるし、しっかり確実に進んでいくね。

私は走れば速いかも。

でも不注意だから、穴によく落ちる。戻ってくるのが大変。でも負けない。

 

今までは一緒に暮らすためにきっとお互いに妥協してたし我慢したり疑問に思うことも言わないでいたかもしれない。

これからは、違う。

わざとペースを合わせることもない。

別れるってことじゃないよ。

ちゃんと同じ場所を目指してることを確認して。助け合えるところは協力して。それぞれにある自分の山道に挑む。競争してるわけでもなく。ひたすら目指す。

ストイックだな。

私達の共通点は上を目指していることだけかもしれない。

でもそれさえわかっていればお互いの知らない時間を過ごしても信じられる気がした。

これから一緒にいる時間は今までより減るだろうなあとなんとなくオネムも感じてるところと思う。

だけど今は同志だから。ただの儚い恋人関係は終わり。好きだけしか一緒にいる理由がなくて、こころもとなかった日々とはお別れ。自分が生きることを諦めない限り、運命と向き合ってるなら、私達は同じチームなんだ。

足を引っ張りたくないし。私も鍛錬だなって思う。オネムだって、弱音はなるべくやめなよね!身体もきっと、よくなるしさ。

 

勝たなくていいけど、負けないでね、とあったんが言った。頂上だけが山じゃない、とハルカちゃんが言った。

 

まだまだやることある。

 

ネバーエンディングストーリーだな。

 

決意を新たに。

いざ、さらなる新世界へ。

 

日々、勉強(⌒▽⌒)