おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

鼻血が出そうな短歌

賞に応募したくて短歌書いてます。

お付き合いください。

 

 

トロピカル腰が痛くてフルーティお祭り騒ぎで悪化してまう

 

ちちははのゆさぶるこころ、これからも、べびーめざしてゆるしてもらおう

 

ぶーちゃんの並ぶ棚にはお薬も常備されてる。食べる前に飲む

 

ババゾンは憎っくき親玉みたいだが真の悪玉ジジゾンにあり

 

降りてくる天女の像には羽衣の美しさありファッション界

 

お湯沸かしスープ飲みのみ夜食にはカシューナッツにカレーライスに

 

お姉様、美容液など塗りたくり夜のお手入れお肌ピチピチ

 

超えてきた32年ガガガガガ自信にしては失くすガガガガ

 

ほよほよんおっぱいぽよんぷるぷるん。ピンクに乳白、麗しき丘

 

予想外。6月の雪。寒すぎだ。灯油、さっさと用意しなば

 

 

やっと生活のディテールに眼がいくようになってきたか。楽しい。

 

吸い殻が大量にある灰皿の中から抜けた歯が3つ

 

歯医者には行きたくねえよ、麻酔針で眠れるんならそれがよかった

 

生理で腹も腰も痛いよお。それでもおどるんだ。

 

ダイエットの途中。

 

血まみれのパンツ洗うのもう嫌だ。いっそのことだ、オムツ履きたい

 

(そういう製品もあっあにはあった)

 

浮かぶ赤に奇蹟を求めて巡礼する私宇宙だ真理そのもの

 

エレガンスで半開きのカーテンが。ゆらゆら揺れて惑わしてくる

 

そろそろ結んだ髪が邪魔になる。クルミボタンの飾りが弾けた

 

型の中ゼリーができたと思ったら短歌が生まれたオギャアの道

 

おやすみ。