おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

パラレルワールド?

わかりました。

パラレルワールドの意味。

私達、何度も何度もこの人生を体験してる。

選ばなかった自分。

選んだ自分。

どちらもやったことある。

いったい何回目なのかな?

わからないくらい、生きてる。

無限の可能性がある。

本当の上がりを目指して。

今、本物の愛の物語を生きてる。

 

最高の仕上がりにしたい夜がある。

私は私の未熟な「神」と共に。

ハッピーエンドじゃなくちゃ。

なんてこだわりを持った。

 

苦しみを指針にして、楽な方へ気がついていく。悲しみを指針にして、笑いに気づいていく。

 

私達、相反する感覚を持った。

 

完璧な夜は訪れる。

 

夢を見た。でも。

ただの夢じゃなかった。

まるでお告げのように。

私はこのシステムを理解しながら人生を繰り返している。

いけないこともした。いいこともした。

オネムちゃんと出会わない人生もあった。

今回はとっても素晴らしいルートだ。

私の、いや、私達の戦い。

神様もワクワクしてる。

 

この世界を知り尽くしたはずが。

「私」の存在だけが全てを変えられる。

可能性を持ってる。

 

そうなんだ。

 

ありがとう。

爽やかな朝。

目覚まし前に起きて。

しっかり執筆時間もとらせてもらった。

 

運命の交差点を行く。

街、というゲームもあったな。

 

出来る限りやらせてほしい。

不思議だ。

 

エネルギーが満ちてる。

夢の記憶が薄れる。

 

体験するため、この世は生まれた。