おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

名前

この世界を表す言葉があるとしたら

一冊の本になるくらいにまとめて

出版したい

印税で儲けてオネムちゃんを養う

大丈夫だよ、お金あるよ

未来は明るいよ

好きな本も音楽も映画も楽しみまくりね

時間もたっぷり

死ぬのはまだ先ね

 

私たち、どうしようか

 

この世界を表す言葉があるとしたら

私に降りてこい

 

私に降りてこい

 

きっとそうなる

涙が流れて、それは悲しみじゃない

あくびで出た涙で

ぼんやり都合のいい考えにふけり

夢に入りかけた気持ちが

ふぬけ

ふわふわと生理による頭痛を少し緩和した

 

もっとすごいこと書きたくて

ドゥルーズ並みに意味不明になりたくて

でも私はほとんど何も知らなくて

 

インプットしてる?

 

さあ。最近はお菓子が美味しいよ

 

詩を書きたくて

 

ごめん、お菓子、買う

 

ポリポリ

フライドポテトも

 

この世界を表す言葉があるとしたら

夢中になったのにな

 

でも私はほとんど何も知らなくて

 

満足するような詩があったら

声をかけてくれ。

全てを託したい

 

私には無理

 

 

 

オネムちゃんが履歴書作った

 

明日はカフェの仕事の面接だってさ

 

応援しているよ

 

私が稼ぐまで生きてね

 

待っててね

 

全速力で言葉を探してる

はずだった

ぼんやり

 

あくびの涙がたれて

指ですくった

 

遊園地のベンチで風船持ってる人

ピエロじゃないのに

赤い目鼻をしていた

 

超常現象

 

 

新しい名前を考えていた