おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

頭痛

何も考えられない中で綴る

 

頭痛くて最悪

愛すべきオネムちゃんも居ないし

ひとりぼっちなんだよ

どうしてくれんの?

この頭痛よ

暗い中でスマートフォン見すぎたせいかな

あの人からの返信はなくて

所謂、既読無視ってやつ?

へえ、あそう?

気にしてないし

誤字、恥ずかしい

飛んで、そして意味は不明の中で

頭痛を味わってみてる

 

左目の上が特にグリグリする

そして吐き気

これはゲェしちゃうパターン

お食事中ならごめんね

それはないか

くだらないことが好きなんだよ

飛んで、そして意味は不明の中で

文字を打ち続けてみてる

 

どこに行けますか?

遠いところまで行けますか?

そっちは暑いですか?

私は半纏を着ている

寒いね

指はかじかんでないかい?

大丈夫

吐きそうかい?

そろそろ

トイレで待機した方がいいんでないかい?

大丈夫

オネムちゃん帰宅まで頑張れる?

うん、生きる

 

生きるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるから

 

 

 

 

 

 

 

許してくれ頼む走りたいんだ死ぬまでは。たまたまキーを打てる指があったから、こうして私はカチャカチャとあがいているのだけれど。明日にはわからないから。今、今だけの今を今。私は書いているのじゃないかな。頭痛が最悪でもきっと書けることがあって絶好のチャンスを逃さなかった今。今この今を走りたいんだ死ぬまでは。

 

 

ニュアンス。

 

 

詩人にもなれそうになくて。

 

いったい、どうするのだろう。

 

など。

 

書けるだけ書いて死ぬぜ。

 

 

 

傷、見せてごらん、ほら

消毒しよ?

 

 

 

 

消毒、しようよ?

 

 

 

 

 

嫌じゃないよ

 

 

 

 

 

しよ?

 

 

 

そういうこと、しよ?

 

 

ね?

 

 

 

 

馬鹿ですみません

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

頭痛が良くなってしまった