おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

混乱

自分には何にもないと嘆く前にやることやれよと思う

言葉にしろ絵にしろ立体にしろ

行動しなくちゃ

燃えてる心がどんどん萎縮していく

もう死にたい

何もしたくない

結局は生きている実感なのだと思う

何かしたい

まだ死ねない

もっと燃え上がっていく

じっとしてはいられない

何にせよ

自分には何もないならそうやって叫べばいい

 

私は才能ないし

センスがないし

ちゃんとしてない

ただの凡人だ

いや、普通以下だ

なのに

まだ生きたいよ

もう死にたいよ

どっちだよ

わかんないよ

 

だけどこうして書いて

混乱のまま

さらけ出していくしか

私の表現の道は現在なく

助けてくれ

何も格好付けられなくて

ダサくて

惨めで

負けてる姿ばっかりで

人生の最後には逆転する

そんな想像で何とか持っていて

ユーモアもない

遊びがない

笑えないのが辛い

誰が読むでもない

言葉選びもない

だけど最後には逆転する

 

ハッピーエンドじゃなくちゃ嫌だ

永遠に続く意識に希望を見出せる?

本当の終わりを知ることはできるのかな?

 

現在、幸せです

 

死よ、いつでも訪れたまえよ

もういいよ

 

「ごめんね」

 

もういいよ

 

誰が読むんだよ

そして、万が一見てくれた人にも申し訳ない

フワフワする

 

覚醒したい

もっと飛びたい

 

ぼんやり眠たい中で

何度も同じことを繰り返し書く

 

頭に十字架の生えたキャラクターを描いていて

気持ち悪いと言われた

また逆戻ったのかもしれない

 

性をテーマにし始めました

やっぱりえぐい絵になります

自分のモヤモヤの源泉はここにある気がして

表現するなら逃げられないと改めて思う

 

別に無理に美化するつもりもないしできないし

どうしたらいいのかさっぱりわからない

だけど向き合うしかない

知らないふりはできない

全部ばれている

意識して深めていく

歪んだまま、光の元にさらす

 

可愛いよ

 

認めてあげたい

 

どんなに沢山の人に否定されようとも

私だけはわかるよ

大丈夫

 

など

 

わからない

 

 

 

 

わからない

 

 

 

 

自分のことがわからない

探している

輪郭

混乱