おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

神様在り!

感謝を込めて私の人生を捧げます。

こんな気持ちにさせてくれた。

あなたを失いたくない。

全てが欲しかった。

何もかも愛したかった。

あの頃の私は光に溶けた。

あなたを手に入れた今。

全てが愛なのだと知る。

 

大切にとってあった「私」も。

あなたに捧げることにより。

喜びのシャワー浴びて。

美しく輝いていくのだろう。

 

ひとり自転車で当てもなく。

泣きながら走る日々が遠くにかすむ。

今はもう大丈夫。

あなたがここに在ってくれるから。

迷子になんてならない。

手を繋いで。

ずっと一緒だよ。

死ぬまで。ううん。死んでもどこまでも。

付き合ってくださいね。

 

おがたかおより

 

 

−−−−−−−−−−−

 

 

信仰心を持つのは自由だ。

特定の宗教に属してはいないけど。

自分の感じることをもっと素直に出していきたい。ピュアに世界を想っていたい。

神様はいる。

ここに一緒にいる。

 

そういう世界観を認めていく。

 

自分の中で積み重ねた感覚。

確かだと思う。

 

私はもう揺らがない。

 

神様と在る自分から逃げない。

発信していく。

 

そして仲間が集まって。

それぞれの神様を認め合えるなら。

とにかく楽しい面白い。

自由を生きて。

生きて生きて生きる。

 

そして札幌国際芸術祭のテーマ。

本気で「芸術祭ってなんだ?」に挑みます。

 

神様を信じるきっかけがありました。

また書きます。