おがたかお の 塊

物語をはじめよう

精霊と一緒の生活

オネムという精霊はとても愛らしい。

多くの時間、まどろみの中で揺れる。

夢うつつで現実を生きている種類。

フワフワとした黒い毛をなでると気持ちいい。

胸に穴が開いていて、鍵を差し込める。

カチャリひねるとオネムが腰を悪くする。

どんどんカチャリカチャカチャ。

オネムの腰は悪くなる。私はニヤリと笑う。

動けなくして、世界を止める。

ずっと、そうしてなさいよ。

私が食べ物を運んで太らせてやろう。

たまにギターを与え、弾かせるし。

へニャア。へニャア。という鳴き声と共に。

ポロポロポロム。アルペジオン。

ステージには立てない。

オネムは鍵のカチャカチャにより腰を傷めた。

私がやってやった。

 

ぶーちゃんをお残ししたら許しません。

めっ!叱りましょう。

ゴボウさんもフキちゃんも嫌わないでね。

食物繊維が豊富だよ。でも。

オネムは好き嫌いの多いジャッジメント精霊。

仕方ないわね、子どものオネム。

よしよし、なでなで。

 

よいこちゃんだね〜。

 

オネムはまどろみの中で揺れる。

 

 

 

 

ゆらゆら。