おがたかお の 塊

物語をはじめよう

嵐の過ぎた街でのショートソング

出逢うたび神に拐われ憎しみで滅べと呪う反動がある

 

ひまわりに虹が架かるの見てるだけ。触れもしない、それからの夜

 

知りたいは鏡の情緒。縛られて追いかけすがり熱で唸るの

 

冷たさで足指先が死に絶える。厳しい季節、凛と咲く華

 

買い貯めた水がアチコチ塔みたい。出番はこれから、ラプンツェルたち

 

仲良しの双子のギター災害の時も確かにテレパシーする

 

雨の街、轟音響け!逃げられず行き先は海。マンボウ食べた

 

 

キレがイマイチ。

 

 

 

独りきり高級料理が虚しくて嫌気が積もりコックさん死ぬ

 

殺しても消えない想いラブホテル。流されるまま海に帰った

 

 

会えないと知ってはいるのに燦々と灯りの下に愛犬の影

 

 

腹が減り朝とは違うテンションに戸惑うけれど淡々と詠む

 

 

時きざみ、キャベツをきざみ、髪きざみ、生活きざみ、きざにきざんだ

 

 

悪魔狩りサラダで食べて不眠症。あなたと生きたサラダ記念日。

 

 

なんのこっちゃ。

 

 

 

 

毎日書けるかな??