おがたかお の 塊

物語をはじめよう

たしかなかんかくを

ぼくは君を追いかけた
生涯思い出すだろう
逃すまいとして、つかみ取った
心が燃えて、明かりになったんだ
見えた、なぜ君じゃなくちゃいけないのかな。
考えてもわからなくて、だけど
心が燃えて、教えてくれたんだ
ぼくは君と向かいあえて
出会ったんだ、ようやく安心して言えた
逃すまいとして、涙でいっぱいの水槽などに
捕まえておきたくてごめんね

ずっと一緒なんて、できないけど
ぼくたちが死ぬのはもう少し先にしてくれ




考えているのは君のことで