読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがたかお の 塊

物語をはじめよう

サラダボウル!

荒削りな野菜
書きなぐられたドレッシング
慟哭のサラダボウル
ハヤシライスのお供に。

環境音聴きながら食べる
コーンフレーク、ザクリ
選ばれた色はバナナを滑る
ユーモアを滑る
デパ地下ではプレッツェルが飛び
食べ物に関しては秘密にせず
混ぜ込んでバランガまで行く

地獄にこそ天使がいて咲く
人間は辞められないので摘む
華の極悪サラダ、かきこめ、喉裂ける
あなただけの味
踊る赤い少女は水しか飲まないのに
狂ったように笑える健康はある
スムージーはまだまだ心のマイナーコード
イクラ丼なんて贅沢は過激だ火炎瓶
デモを先導しては月の雫を奪う
受け皿は大きい
狂ったように悲しむ健康はある
ツララは前菜になり、高級レストランで死ぬ
眠る赤い少女は薬を飲まないのに
狂ったように眠れる健康はある
ドラム缶で煮るかたつむりは太陽に帰る

弾けた野菜
消えたドレッシング
愛サラダボウル!
失くしては繰り返す!
洗われては繰り返す!
胃液は溶かしたんだ!


意味はわからないんだけどなんかいいリズムを守る。字面の新鮮さなのか。聴いたフレーズもぶちこむ。自由に走る。ダメなことはない。好きなんだ、イメージ。つながる。




今日はハヤシライスがスパイシーで、キャベツとツナのサラダも美味しかったし満足。昨日観たアングラ演劇。食べ物の記憶と混ぜる。



早くに寝て深夜に眼が覚めたんだ。




あの人も寝てるかしらね。