おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

バーガーバーガーバーサーカー

昨日はルート9で4人でハンバーガー食べた Kさんがテキトーなこと言って面白かったし Aさんと一緒に何かできそうで嬉しかった オネムも楽しそうにモグモグモグしていた 久しぶりでちょっとお店が変わっていたけど まあまあ、良かった トラブルも笑えた 昨夜…

バリア2

私の言動で苦しむぷぺさんが浮かぶ。 嫌いだなんて。ペロッと書いてしまったゆえに。大変なことになってるかもしれない。会話ができないのは私だ。最近、軽快すぎてヤバい。どんどん言う。調子のってきた。怖い。 人間にはバリアがある。 薄くてすぐ他人の影…

バリア

せっかくそこまで来てくれたのに ちゃんと相手できなくてごめんね 手足がバラバラになってしまった 私のせいなんだ 知ってるこの感じ やらかしたな 壊しておいて 柔らかい部分を攻撃する 相手は致命傷を負うかも バリアの外し方 本気でぶつかるだけ 後は、マ…

嘘つきの星

ハンバーガー食べたいなあ。 ルート9行こうかな? ダイエットどうしたの? ん? 昨日、恋人のオネムと中島公園でラケット持って羽根を打ち合った。汗だくになって走って楽しかった。そういう日常を守りたいなあと思う。けど誰かがぶち壊してこなくても、勝手…

ぜんまいぷぺさんへ

もしかしたら こんなブログもう見ないかもしれませんが 他に連絡手段がないようなので 書いてみました 言ってほしい言葉を 求めてくれてた部分を 私はうまく返答できなかった というか、するつもりも私にはなかった 期待に応えるのが難しかった 気軽に友達で…

クスリとクスクス

バブ・オネムの子ども バブ・クスリちゃん バブ・クスクスちゃん とっても元気よ バブ家は賑やか カオス 破れた洗濯ネット新しく買ったよ わあレインボーの模様だあ 可愛いね、2枚入って300円だったし お買い物上手ね 私はバブ・オネムの妻です 名前はバブ・…

雨再び

札幌、降られている ザンザン、沈まないかとこわい ギャラリーは1階だから なおさら心配して やっぱり浮き輪買えば良かった 水も備蓄して救急セットも用意 馬鹿ですけどなんかこう準備したい なんかこう、なんかこう 得体の知れない生物が鳴いてて おお、新…

ふわふわ

グツグツと煮えてる 今は確かなことが言えない パーティのために部屋を片付ける 夢を見ていて楽しかった 現実も同じくらい 笑いに溢れたらいいね 君がつまらないなら 面白いこと探してあげたい 私ばかり幸せです お腹をつっついて くすぐるのだ 嫌がってる?…

ブキミランウェイ

私は昔から不気味な子どもとして名をはせていた。それは嫌なことじゃなくて、誇りだった。数々の愛すべき恐怖表現に近づきたかった。同化して、恐怖そのものになってみたかった。そしたらきっと無敵に素敵だ。目をそらす人もいるだろう。ただ一握りの同志の…

いつもの悪夢

今日の朝、恋人が仕事に行ったあと ひとり悪夢を見た 私は元気にごく普通に暮らしているつもりでも 多くの人を傷つけていた 優しい人たちが次々と私を改心させようと あの手この手と尽くすが 私は何もわかってない というか単体で幸せを築いている いつの間…

ミュウ

まじか。 徹夜で書いた文章が消えた。 (´;Д;`)おんおん

自然な魂の物語2019

もしかしたら、予定通りにはいかないかもね。だけど意識はすでに、マザーアースや聖母マリアと一緒にあってしまう。大地のエネルギーと愛のシャワーを浴びて。不安もぶっとばして、新しい物語を紡ぎたがる。 【始まり】 2018年7月2日、身体のワークについて…

バブ・オネム様、再び

大好きな二の腕 ゲームもすぐ飽きて コロンとしてる スピリチュアルなラジオ聴いて 楽しい、楽しい ぼくはゆるがない ライトワーカーとしてやっていく 明日、解決しよう マネー問題 フォーカスしない中で 本気になる 愛してるから 惜しみなく与える 本当は揺…

むぎ茶戦争

飲みまくろう ゴクリ ゴクゴク ゴックンしよ 夏の飲み物 気持ち良い、香ばしい 雨がやまない日 ビシャビシャになるのを気にせず 思い切り飛び出したい 疲れたらむぎ茶とオニギリで休憩 経験をシェアして 君の心にも響かせたい ノンカフェイン 身体に優しい …

ゼロの可能性

滅多に書かないことを記してみます 人には色々な好みタイミングがあるから どうでもよかったら無視してください 福山雅治さんの 「零」という曲がすごく良くて 歌詞を全て引用したいくらい ぐっときてます 名探偵コナンの映画の歌のようですね 朝に、好きな…

バブ・オネム様

チャーハンの素使って、美味しかった 昨日のうどんもめちゃくちゃ良かった 揚げ玉、いける! 今日はチキンラーメン食べたい 卵とネギをつけよう 朝、七夕のための偽物の笹が届いた どうやって飾ろうか? 大きな絵はどうしようか? 考えてるのが好きだ 恋人の…

たけちゃん

たけちゃんが図書室で泣いているということで私が呼ばれたのかもしれない。 それはきっと頼まれたことだった。 なぜなら、私は自分から行かないからだ。 黙ってひとりの世界を高めては「正しさ」を極めていこうとしていた。 だけど、たまに言われる。 「おが…

明るい歌

濡れた髪の毛を扇風機に当てていた 乾きは遅くてもドライヤーよかずっといい 胃が痛いのに、朝からパンが食べたくて 我慢はしないことにする 出かけるまでの間にこうして また向き合ってみる言葉 恋人は仕事に行った 帰ってくるまで いい子にしてたい 制作し…

生きる価値のある場所

胸を張って言えたらよかった 思ってはならないことを飲み込んで なんとか公開できる文章にする 子どもが欲しくて 頭の中はそればかり 他人が入れる隙間がない 面白いことってなんだ 私はつまらない人間だ 信仰は笑えない 粛々と行われる 神様、これでよろし…

死のうか

ひとりの時間が辛くてもうよくわからない 洗濯して、台所片付けて、音楽聴いて 文章に取り組み始めた がんばれー!生きろー!と思考がうるさい 今の状況すべて吐き出したい でも無理だ 大切な人を傷つけたいとか 怖いです どうでもよくなる 元気になる なん…

肉はある

私の中に肉はある 美味しく調理されないから 食べられないだけ 生肉を好む人もたまにいる 探してないけど 素材愛を持つ エネルギーを視るのだ 肉とは表現したい何かのこと どうも、形になりたがる割に ドロドロしやがる マズい でも、かわいいよ? 独自のフ…

電撃

詩も短歌も書けない。テンションが上がらないので仕方なく書けないということを種にしようと思いました。 万引き家族を観たことにより心が半壊していること、会話がうまくいかなくて自信を失いつつあること、どうしても暗い文章や絵になってしまうこと、私は…

血みどろ

月に一度は血みどろを見る 腰も頭も痛いし、吐き気もする 恋人のオネムがクスリをかってきてくれた ありがとう、まるで病気みたいだ 水もコップに入れてくれて、ゴクゴクと 身体に優しさを流す 色々辛い、32歳という側面 花畑でもある頭の中が弾けて また今…

レモン

酸味を求めて コンビニでレモン味を買い占める パクパク食べたし また体重増えるじゃんね 甘いもの夜食にしたいので また行ってくるよ 恋人はキャンプへ さみしくて、何していいのやら 文章にするよりない 長い夜の月はきっとレモン味 満月を齧る さらさらと…

鼻血が出そうな短歌

賞に応募したくて短歌書いてます。 お付き合いください。 トロピカル腰が痛くてフルーティお祭り騒ぎで悪化してまう ちちははのゆさぶるこころ、これからも、べびーめざしてゆるしてもらおう ぶーちゃんの並ぶ棚にはお薬も常備されてる。食べる前に飲む ババ…

孤独な夜の短歌

パスワードノートに記す。死んだ後よろしく頼む全てを消して 悲しみの洗練のない言葉からうかがい知るはゴミクズの墓 オネムたち養いたいと願っては売れない文章ばかり生み出す 愛すべき恋人オネム、鳴き声はバブちゃんじゃないパプチャァアアンだ 憧れの人…

子どもが欲しい短歌

脳内はベビーを迎えたいけれど、連なるハンガーまだ服もない 恋人がでかけている日は溺れてる。くるしみもがき死ねないのが嫌 嫉妬など反射しちゃって鏡割り窒息している自分が醜い このままじゃ楽しい歌は作れない、デトックスする塩で清める 絡まった髪の…

林檎を齧る仕事

私の仕事はなんだったか 思い出せないところまでやってきてしまった なぜ生きているのか? はて、ここは? 周りを見回す 様々なスピリチュアルな本のおさまった本棚 ペーズリー柄のシャツ、靴下、パンツ ファーの大きな冬コート ボックスティッシュ 漫画、DV…

非公開の扉

公開できない文章を書いている 本音は真っ黒なのかもしれない 冷静な私はまだ騙したがってる 幸せの皮かぶってる 実際は無理だ きっかけさえあれば爆発してしまう 何も面白くない文章だな 嫌いだな ライブのための楽しい詩を考えなくちゃ できるかな? 時間…

縄文土器も見た

体調のことを言えば、胃が軽く気持ち悪くて。万全とは言えないね。食材を買いに家を出たのに、気まぐれに市電を利用して大きな図書館まで来た。詩の雑誌を手に取り、舞城王太郎先生の読んでない本をめくっているうちにフツフツと記したい欲が湧く。エネルギ…