おがたかお の 塊

生きる最速の文章たち

告白会場はこちら

懺悔します

 

あの子を傷つけたのは私です

ぐるぐる巻きにしたのも私です

けちょんけちょんにしたのもです

悪いと思っています

 

ため息が出る

どうしようもないな

今日もろくな作品ができない

 

淡々と過ぎる日常

作家になるはずだった

私はきっと評価されるはずだった

なぜ誰も見向きもしないのだろう

不満が透けて見えるのだろうか

 

私はくだらないことばかりをつづったからだとは気がつかない

 

詩も絵も人形制作も

全部、軽い冗談みたいなのに私は気がつかない

真剣に誰かのためになると思っていた

自分のためになるかも怪しくて

結局は日々に埋没していく

 

こんな鬱々とした日々は嫌だって思って

抜け出した後の創作意欲はどうだろう?

 

伝えたい大切なことはどこへやったのだろう?

 

怒りに燃えていたかつての心

もっとかましたいんだ

 

もっともっともっと過激な言葉を

 

なぜ?

 

もっともっと優しい言葉を

 

迷い

 

 

もっともっと拙くてもいいから私は

 

誰かを傷つけてまでも生きたいのだった

 

懺悔します

 

私を傷つけたのは私です

束縛して、踏みつけにしました

 

自由を手にした後はイバラの道だ

トゲが痛くて歩けない

 

 

こんな文章、くそだって思いながら

自由すぎて痛い

 

自由すぎて痛い

 

殺したのは私です

 

 

激しい耳鳴り

 

もっと近寄って

もっと

 

 

 

私は求めています

 

酷く窮屈に言葉に気持ちを押し込めて

不自由はフワフワの道か?

そんなことはなかったよね

 

どちらにせよ辛いなら

私は選ぶよ

 

こうして書き付けること

発信してみること

 

まだあきらめてなかったんだ

 

誰かに振り向いて欲しい

 

誰かって誰?

 

影響を与えたい、何に?

 

クシュンっ

 

 

 

 

鼻水が出るよ

ころころ

 

 

元気です

 

それに尽きます

ありあまるエネルギーをこうして

言葉に託しているだけ

 

山に登る

ブランコに乗る

料理を作る

絵を描く

文章を書く

 

みんな同じ、行動のエネルギーで

 

私は私の世界観で見ている

割れた画面のスマホ

いい加減どうにかしよう

 

ありあまるエネルギーをこうして

言葉に託しているだけ

 

まだ足りない

 

 

山が噴火するみたいに

言葉が噴火していく

 

どどどどどどかーん

 

馬鹿みたい

 

全部、軽い冗談みたいなのに私は気がつかない

 

 

 

 

あなたに告白するために

 

私は私が嫌いで、だけど日常に愛はあって

このまま行けばきっといつか私は私を好きになって

この文章も懐かしく思うときが来るのだろう

 

 

分離意識のショートソング

さようならいつものあなた今日からは別のあなたに変身です

 

 

決めたこと。毎日文章書いてみる。自信つけるの。作家になるの。

 

 

どんな表現が合っているか探るぜ

 

 

 

この話フィクションですか?違います。本当にあったすごい逸話だ

 

 

死に至る病にかかるスポットの名前を教えるギャラリーがん

 

 

知らずしてキルケゴウルの著作だけ燃やした心患う病気

 

 

告白

 

 

オネムちゃん愛していますいつまでもかわいこちゃんだバブちゃんだラブ❤️

 

 

オネムちゃん愛ある暮らし営んで生きていこうね一緒だよラブ❤️

 

 

ラブラブでラブラブだからラブラブのオネムちゃんからチュウもらうラブ❤️

 

 

アハハハハこんな短歌を公開し恥ずかしいのは目に見えている

 

 

笑っちゃう!オネムちゃんたらいつの間に布団かむってミノムシみたい

 

 

オネムちゃん寝言でジーザスさすがだわ。信仰心もはんぱねーから

 

 

 

ごーしちごしちしちですね

 

 

 

ぬいぐるみ遊びでわかるオネムらの可愛さマジで宇宙並みだよ

 

 

 

世界中どこを探しても会えはしない。ほんとのオネムここにいるのよ

 

 

オネムちゃん10時には寝るいい子チャム。よしよしよしこ、夢に付き合う

 

 

 

ザブンザブ波にさらわれオネムちゃん海も似合うよきっとそうだよ

 

 

海水浴今年は行こう2人きり。水平線に陽が沈みゆく

 

 

あ、普通の短歌も混ざる

 

 

モコモコの雲がそびえる夏の空。オネム部長とテニス行きたい

 

 

バブドゥンと重低音に踊らされ感じ切るまでオネムは我慢

 

 

 

睡眠学習

 

 

 

汁、すする。手作り料理食べさせる。毒を盛らない良い彼女です

 

 

するりする。パンの香りに誘われてオネムちゃんも寄ってきたよね?!

 

 

ヘアゴムをすぐに失くして買い足していつのまにやらゴムコレクター

 

 

 

コンドーム穴が開いても膨らんで花が咲いたら実になるぜケケケ

 

 

 

字あまり

 

いちじ、寝ます!おやすみ

眠気も爆発させるショートソング

メッセージ!送られてきて気がついた、世界の終わる瞬間に立つ

 

 

伝えたい。ほっかむりして駆け抜けた。消防訓練大切ですね

 

 

火が踊る燃える現場で遊ばない。人生ひとつ終わるチカラが

 

 

現場では子どもだからと許されていつまでたっても未熟なボーイ

 

 

いろいろなポーズが描ける人すげぇ。隣のひとは修行中の身

 

 

種ひとつ心の中に芽吹いては逆巻く意志で隆々育つ

 

 

禍々と紅い瞳の自画像の流れる涙透明な血よ

 

 

どろどろと胸の辺りに感じてる、もやもやばかり気になっている

 

 

サイコパス!気にしないならぜひどうぞ。常識なんてけとばせばいい

 

 

食べに行こ!まだまだ入る!妊娠か?みたいなお腹で死ぬまで入れる

 

 

眼が覚めてびっくりしたの。立ちはだかる妖精なのか不思議存在

無条件の幸福短歌

ぬいぐるみ遊びに本気、かわいいこ。生きていくならみんな一緒に

 

 

なんてこと思わないよう抑えてる、自分の本音無視してるだけ

 

 

本当は条件なしで幸せになれるはずだが欲望暴れ

 

 

深夜には考えすぎておかしくて何を書いても恥ずかしいかも〜

 

 

 

目が覚めて文章かいてまた眠る。恋しい人との時間はいつか

 

 

知らぬ間に条件付きの幸せを受けては次を探す深夜に

 

 

 

いろいろと考えてみてはいるものの、正解なんて見つからないぜ?

 

 

 

自分なり選ぶだけだよ世界からありとあらゆるプレゼント来てさ

 

 

 

寝ます、明日も仕事?

 

 

おやすみ。

おはよう。

 

 

 

 

 

 

 

バブルガム!!!

膨らんだ胸に大人を感じたり恥じらいながら育つ自意識

 

悪い子はいねーかなんてのしのしと偉そうにしていけすかないぜ

 

ゆめだった初期衝動が爆発しデビューできるも続かないんだ

 

はらぺこだ。親睦会で焼き鳥を貪り食べるつもりでいます

 

最高のそれらを磨く材料はあれどびびって触れられない脳

 

もっと飛べ!はるかかなたへ!未来から応援してる行動しなよ

 

ブレーキがきかなくなってみたいから壊れたふりで始めてみよう

 

ばっちりだ!キマッてんすよ!毎瞬に神がかりすよ!永遠を知る

 

 

 

十字の空間

妙な夢を見た

言葉にしてみる

 

「こっちだよ」

 

振り返ると

 

空っぽの十字架が立っていた

向こう側の丘がしっかりと見え

 

輪郭は限りなく薄く

 

シャワシャワと風に揺らいでいた

 

きっとこれは正しい図像なんだな

 

そんな直感で目覚めた

 

私たちという存在のイメージは

まるで内側に何かを発する核があって

ぎゅっと満ちているような気がしていた

 

実際は曖昧な輪郭を持った

透明な空間なのかも

 

私たちは空いたスペースで

 

何かと同化しているでもない

 

そもそもがない

 

なぞる輪郭のようなものだけが

 

形を作っていて認識できる

 

 

そんな印象だった

 

よくわからないけど。

 

イメージとして。メモ

さらば故郷よ

海の中でブクブクブクと泡を出している

もはや息は吸って吐くものじゃなくて

ひたすら吐き続けるものに変わった

内側から空気が湧いてくる

 

生活には支障はなく、最近ではなにも珍しくもない、病気ではないただそういう生き物になっただけ。

 

水に入っても苦しくない大丈夫だと気がついてからは水中眼鏡を持参して海に通っている。

 

ブクブクブク

 

こんな短歌を思い出す

 

 

山の上喜び勇み来てみたら泥沼だらけ地獄絵図観る。

 

 

 

おお、これね。

 

自分で昔作ったやつ。また同じ状況。

山の上も、ゴミだらけひとだらけ。

海の行ける限りもゴミだらけひとだらけ。

 

どこへ行けばひとりになれる?

噂によると日本からハワイまで海中を歩く人の列もヤバイらしい。

 

 

 

厳密に言えば、本当の望みはひとりになることではなかった。

 

 

美しい景色を、誰にも邪魔されず眺めたかった。世界ぜんぶ自分のものにしたかった。

 

 

大自然に触れたい人が増えた。

 

空気を自ら吸わない、積極的に取り入れない、ということは今まで刺激を求めていた人生においては物足りないのかもしれない。わからない。そんなこともないか。

 

吸いたい、とはあまりもう思わなくなった。

最初の頃は戸惑いがあり、タバコも捨てられずにいたけど。

 

鼻も口も閉ざしたら、空気ですぐ爆発しそうになる。身体の当たり前が壊れると不安になるのが私たちなのだ。

 

見たい景色がある。

 

沖縄のマングローブの森。

 

呼ばれている感覚がする。

 

だけどあっちももうヒトダマリハキダマリだと思うと萎える。

 

北の海は冷たい。

 

 

 

 

北の海は冷たい。

 

 

ブクブクブク

 

 

海はゴミだらけだ。

 

 

 

 

この湧いてくる空気は不思議だ

 

呼吸が乱れるわけでもない。

フゥーーーー

 

 

 

吐き続ける。

 

なにが起こっているんだろう?

 

 

吸わない、ということで間違いなく

何かは変わってしまっただろう。

 

 

肺も横隔膜も退化しそう。

 

宇宙にも酸素いらずで行けるようだし。

 

行動範囲が広がりすぎだし。

 

砂漠の砂塵も空気を汚染する公害も身体には関係なくなり。

 

とても健康になったような。

 

でも仕組みは誰も説明できない。

 

なぜ空気が湧いてくるのか??

 

 

あなたもこの世の全ては光が変化変質したものだという事実はご存知だろう。

 

この湧いてくる空気も光。

 

フリーエネルギー。

 

心臓の鼓動を打っているチカラ。

 

身体を走る電気信号も光そのもの。

 

チャクラが開く。

 

 

変わらない質量。

湧き続ける空気。

 

風が答えを知っているさ。

 

 

「家」の結界の中に居れば世界の終わりもやり過ごせる。

 

 

世界の秘密を開ける。

 

ああそうなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

私たち、出たがってる。

 

この肉体から。

 

 

 

 

 

 

もう、いいんだ。

 

 

 

 

アセンションが始まった2012年から

30年かけて、人はここまで変わった。

 

 

 

 

 

私はすんなり行きます、気づいたから。

 

次の時代へ。

 

またゆっくりと変わり続ける。

 

 

永遠は今、と申しますね。

 

 

 

吐かれ続ける空気の先には

また新しいビジョンがあるだろう。

 

 

 

とりあえず今日は。

 

ブクブクブク

 

 

海の中で泡を吐いて

きらめく水面を超えて空に溶けるのをみる。

 

 

 

 

 

明日はどこへ行こうか。

希望に満ち、どこまでも溢れる。