読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがたかお の 塊

物語をはじめよう

神様在り!

感謝を込めて私の人生を捧げます。

こんな気持ちにさせてくれた。

あなたを失いたくない。

全てが欲しかった。

何もかも愛したかった。

あの頃の私は光に溶けた。

あなたを手に入れた今。

全てが愛なのだと知る。

 

大切にとってあった「私」も。

あなたに捧げることにより。

喜びのシャワー浴びて。

美しく輝いていくのだろう。

 

ひとり自転車で当てもなく。

泣きながら走る日々が遠くにかすむ。

今はもう大丈夫。

あなたがここに在ってくれるから。

迷子になんてならない。

手を繋いで。

ずっと一緒だよ。

死ぬまで。ううん。死んでもどこまでも。

付き合ってくださいね。

 

おがたかおより

 

 

−−−−−−−−−−−

 

 

信仰心を持つのは自由だ。

特定の宗教に属してはいないけど。

自分の感じることをもっと素直に出していきたい。ピュアに世界を想っていたい。

神様はいる。

ここに一緒にいる。

 

そういう世界観を認めていく。

 

自分の中で積み重ねた感覚。

確かだと思う。

 

私はもう揺らがない。

 

神様と在る自分から逃げない。

発信していく。

 

そして仲間が集まって。

それぞれの神様を認め合えるなら。

とにかく楽しい面白い。

自由を生きて。

生きて生きて生きる。

 

そして札幌国際芸術祭のテーマ。

本気で「芸術祭ってなんだ?」に挑みます。

 

神様を信じるきっかけがありました。

また書きます。

 

 

世界への怒りをこめたショートソング

あの人は旅に出たまま帰らない。風が吹いてはマグマを癒やす。

 

 

 

交差する日常のなか、誰彼も涙なくして生きる道なし。

 

 

 

嫌いなら、嫌いなんだよはじめから。考えたぶん辛くなるだけ。

 

 

 

死にたえろ。悪魔はみんな消えてくれ。そういう自分が何より悪魔。

 

 

 

悪い子になりたかったの。あーそうかい。今でもすげー悪を背負ってる。

 

 

 

 

お金などやぶってしまえ?わからない。概念破壊おかしみに消ゆ

 

 

 

 

死ねばいい。死にたいのなら。死んでみた。死んで良かった。最高の笑顔。

 

 

 

 

心刺す、痛みはないや感じない。馬鹿みたいだな。もう待たないよ。

 

 

 

 

12月布団の中で寒いまま暖めておくのか迷う部屋。

 

 

 

あー。

 

 

 

 

 

ああー。

 

 

 

晩御飯どしよっかな。

 

残念な日

時間をかけて書いた短歌が全て消えた。

 

最後の方はうつらうつらしてたから

 

ボタンを押し間違えたのだろうが。

 

 

 

何も思い出せない。

 

今も眠たくて頭が働かないや。

 

ああ。

精霊と一緒の生活

オネムという精霊はとても愛らしい。

多くの時間、まどろみの中で揺れる。

夢うつつで現実を生きている種類。

フワフワとした黒い毛をなでると気持ちいい。

胸に穴が開いていて、鍵を差し込める。

カチャリひねるとオネムが腰を悪くする。

どんどんカチャリカチャカチャ。

オネムの腰は悪くなる。私はニヤリと笑う。

動けなくして、世界を止める。

ずっと、そうしてなさいよ。

私が食べ物を運んで太らせてやろう。

たまにギターを与え、弾かせるし。

へニャア。へニャア。という鳴き声と共に。

ポロポロポロム。アルペジオン。

ステージには立てない。

オネムは鍵のカチャカチャにより腰を傷めた。

私がやってやった。

 

ぶーちゃんをお残ししたら許しません。

めっ!叱りましょう。

ゴボウさんもフキちゃんも嫌わないでね。

食物繊維が豊富だよ。でも。

オネムは好き嫌いの多いジャッジメント精霊。

仕方ないわね、子どものオネム。

よしよし、なでなで。

 

よいこちゃんだね〜。

 

オネムはまどろみの中で揺れる。

 

 

 

 

ゆらゆら。

バカみたいな日の短い歌

吹雪でもあんたのためにと我慢した。着いた先では哀しみばかり

 

 

涙などやってらんねー嘘だらけ信じられない馬鹿が見るだけ

 

 

美しい白馬は今日もお姫様迎えに行っては夢壊すだけ

 

 

ぱからっぴーヒヅメ鳴らして元気よく走り出したのあなたのもとへ

 

 

恋人に突進しては嫌がられ感性問われ悩み苦しむ

 

 

イジメダメ、ゼッタイヨクナイ、アタマワルイ、シチャイケナイノ、イタイノキライ。

 

 

ののしり合いしたくないから沈黙を決めては悔いてまたののしりだす

 

 

否定する汚い言葉を使いすぎ。グチャグチャしては話を壊す

 

 

 

今日の短歌はよくない!!けど気分だよね。

なんだかんだ数作ってみよう。

 

 

 

名作はいつも自然に生まれ来る。気負うばかりがやり方じゃなし。

 

 

猫背だし痛くて姿勢変えてみてそれでも息が浅くて目眩

 

 

バラの花くるりくるくる君想ふジンジャーエール飲み干す時は

 

 

切ないや。恋のメロディ響きだす。深呼吸して初めに戻る

 

 

ゴキゴキに骨が暴れて健康が怪しくなって気付く幸せ

 

 

眠る前準備中にあの人はすでにいびきをかいてオネムる

 

 

まだまだ!

 

 

 

 

差し迫る締め切りなのに一文字も決められないし決める気もない

 

 

まずいワー。これはダメでしょ、人間ができてないのに親になるんか?

 

 

自分で書いて刺さる。。

 

 

母親になりたいばかりに誰とでも寝ては泣きだす限りないバカ

 

 

愛すべきかわいこちゃむな子どもたち。育むために人生かけろ!

 

大人には大人の事情があるけれど、子どもは何も知るよしもない。

 

 

爆弾魔。旅路の果てに壊すべきモノを見つけて大爆破する

 

 

ナウシカよ、ヒカリのなかの庭園で永遠からの脱却をせよ

巨神らも終わりを知った世界ならただ一心に刹那を生きる

都合よく変えた歴史の真ん中をぶっ飛ばしては新しく積む

 

 

 

戦争も思想の向こう飛躍して走ると消える魔法の概念

マボロシの街が今日も壊される。バーチャルだよね?信じ抜くだけ

生きている。死んでいく人、殺す人、理解できずに知らんぷりする。

日常に追われる姿俯瞰してあちらこちらに旗を立ててる。

その旗はバカみたいな毎日を忘れないため日々舞い踊る。

幸せだ。不幸は遠い国にある。わたしのために鐘は鳴るのか?

どこまでを範囲内に決めるのか。把握しないでまた落ちこんだ。

 

 

どうだろう??

 

罪深い赤い糸から流れ落ち、ドロドロ溶けて君を飲み込む

 

好きにして。あの子と仲良くしたっていい。我慢するもん、可愛こぶりっこ。

 

本音には嫉妬が混じり嫌になる。なぜこんなにも君を好きなの?

 

ひとりじめしたいよきみを。バカみたい。こんな自分を絞め殺したい。

 

物騒なやつ〜でもパンチある!

 

 

 

可愛すぎ。隣で眠るオネムたん。スヤスヤピーピー♪おやすみなさい♪

 

 

真剣な時もあるけど大半はふざけころがりジタバタ生きる

 

髪の毛はいつのあいだに抜けたのか。ハゲるかもなあ。やたら悲しい。

 

調べてよ。育毛剤の効果はいかに。最終的にイヴサーラ買う。

 

 

ごまかしてなんとかなるなら大丈夫。まだいけるからほっといてくれ。

 

たまごっち飼うならどうぞご自由に。。。ご飯はあげて。ウンチも取って。

 

画面観てロールプレイで延々とマップを移動するのが仕事

 

へえ。そうか。バグを何度もネグレクト?狂ったゲームも面白いしな。

 

 

レベル上げし過ぎて気持ち悪くなる。殺しのスキルがアップして行く。

虚しさを覚えて以来やってない。冒険してるのは俺じゃない。

魔王どこ?ここにはいない、遠くから雑魚をよこして殺させていく。

 

ひと夏の大冒険ももう終わり。エンディングには笑顔で映る。

 

 

崇拝を繰り返している人生を疑問に思う。突き詰めてみろ。

 

どうなんだ?あ?あ?わからん?バカだなー。まだ眠れない?なら眠らない。

 

これだ!ってやつできるまでは書きたかった。

でも寝なくちゃだから。。

うーん終われないけど寝る!

おやすみ!

 

お菓子がいっぱいの美味しい短歌

チョコレート。眠る間際に考える甘い夢見る先の現実。

 

 

あめちゃんを配る人にはどこまでもついて歩いた猿がいたから。

 

 

ダイエットするなら甘さ控えめのケーキばかりと出会うことだな。

 

 

香ばしい茶色い楕円アーモンド。遠くに投げる。バーを越えてく。

 

 

アクビする口に飛び込む雪虫が冬の味覚の最初の目覚め。

 

 

はらへりほー地球丸ごと食べちゃおう。宇宙のなかで美味さピカイチ。

 

 

パリポリと音がしてから理解する。夜中起きてはポテチ馬鹿食い。

 

 

 

宇宙人

恋人が宇宙人なら迷いなく笑って頭をなでなでしよう

 

会いに行く。銀河を越えてザブザブと宇宙の果てに答えはあるよ

 

 

 

深夜。いろいろ思う。

 

もっと自分を知りたい。

 

恋人は宇宙人だったらしい。

 

じゃあ私は何なのだろうか。

 

悪魔かな?

 

悪魔じゃあないよ、人間だよ?

 

ネットで検索しても、私のことは書いてない。

 

 

誰か教えて。

 

 

私の使命は。

 

 

かつて瞑想で降ってきた言葉。

罪悪にさいなまれても。

それでも愛されるということを体感するのだろうか。

 

本当にそういう人生な気もするし。

 

違う答えも探してるし。

 

眠れない。

 

おやすみ。