読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おがたかお の 塊

物語をはじめよう

何を書けばいいのかな

過去の記事を読んでいました

色々思っていたのだな

魂のこもった文章を書きたいけれど

今は入り込める世界を失ったような気持ちだ

別人みたいにただ眠たいのだった

 

表現するってことは秘密を明け渡すことなのかな

私は私の中だけの私を披露して楽しんでもらうのかな

 

頭がピキッと割れそうになる

 

月に一度はこういう目にあっているんだ

嫌だけど仕方ない、あきらめている

 

物語のかけらばかり増える

 

積み重なり山がもりあがっていき1つの頂点が生まれる

掘り下げて行き谷底にぶち当たり宝石を手に入れる

波が徐々に激しくなり全てを飲み込んだ末に俯瞰する

ハイスピードで世界を駆け回り壁を突き抜ける

猫を撫ぜ紅茶を飲みながら本を読んでいる

 

どんな風にして生まれる物語にしろ丁寧にディールを追うだろう

それがなんだか、吐き気がする

 

もっと大きく展開して、細部を落したい

抽象的で美しくて残酷な詩を紡ぎたかった

そんな才能はない

そんな才能は

 

どんな才能ならあるっていうのか

こうして時間をもてあまして駄文を書いて

 

ああーこうして生活しているのが好きだ

何のプレッシャーもなく笑顔でタイピングしている

 

好きだ。

 

打たせて欲しい。文章よ、何でもいいから降りてこい

 

 

 

 

 

魂のこもった文章を書きたいけれど

今は入り込める世界を失ったような気持ちだ

 

手が止まってしまった

 

もう何も生まれないかもしれない

 

眠りに入って帰らない

 

作家になる

 

止まる訳にはいかないのに

 

なぜ?なぜ作家になりたいの?

 

表現したい

 

この世界の一端を担う

私は私の才能で伝える

 

何が向いているのかわからないけれど

今は文章をやってみたいのだ

絵も描いて立体も作って音楽も試した

その果てには何があるのか

 

打つのが楽しい

ただそういう感覚衝動なんだろうか

 

もやもやする

 

突き止めてやる

 

私は私を突き止める

トドメを刺す

 

深呼吸

 

このまま走っていけ

私は私を追いかけていく

 

 

 

 

私は変わった

魂をこめて表現する

世界に入り込んでいく

 

深呼吸

 

先生、私たちはみんなどこへ行くのですか

もうずっと意識が続いていてだんだんなれて来てしまいました

帰れないのでしょうか?帰れないのでしょうか?

 

時間だ!行かなくちゃ!

 

 

告白会場はこちら

懺悔します

 

あの子を傷つけたのは私です

ぐるぐる巻きにしたのも私です

けちょんけちょんにしたのもです

悪いと思っています

 

ため息が出る

どうしようもないな

今日もろくな作品ができない

 

淡々と過ぎる日常

作家になるはずだった

私はきっと評価されるはずだった

なぜ誰も見向きもしないのだろう

不満が透けて見えるのだろうか

 

私はくだらないことばかりをつづったからだとは気がつかない

 

詩も絵も人形制作も

全部、軽い冗談みたいなのに私は気がつかない

真剣に誰かのためになると思っていた

自分のためになるかも怪しくて

結局は日々に埋没していく

 

こんな鬱々とした日々は嫌だって思って

抜け出した後の創作意欲はどうだろう?

 

伝えたい大切なことはどこへやったのだろう?

 

怒りに燃えていたかつての心

もっとかましたいんだ

 

もっともっともっと過激な言葉を

 

なぜ?

 

もっともっと優しい言葉を

 

迷い

 

 

もっともっと拙くてもいいから私は

 

誰かを傷つけてまでも生きたいのだった

 

懺悔します

 

私を傷つけたのは私です

束縛して、踏みつけにしました

 

自由を手にした後はイバラの道だ

トゲが痛くて歩けない

 

 

こんな文章、くそだって思いながら

自由すぎて痛い

 

自由すぎて痛い

 

殺したのは私です

 

 

激しい耳鳴り

 

もっと近寄って

もっと

 

 

 

私は求めています

 

酷く窮屈に言葉に気持ちを押し込めて

不自由はフワフワの道か?

そんなことはなかったよね

 

どちらにせよ辛いなら

私は選ぶよ

 

こうして書き付けること

発信してみること

 

まだあきらめてなかったんだ

 

誰かに振り向いて欲しい

 

誰かって誰?

 

影響を与えたい、何に?

 

クシュンっ

 

 

 

 

鼻水が出るよ

ころころ

 

 

元気です

 

それに尽きます

ありあまるエネルギーをこうして

言葉に託しているだけ

 

山に登る

ブランコに乗る

料理を作る

絵を描く

文章を書く

 

みんな同じ、行動のエネルギーで

 

私は私の世界観で見ている

割れた画面のスマホ

いい加減どうにかしよう

 

ありあまるエネルギーをこうして

言葉に託しているだけ

 

まだ足りない

 

 

山が噴火するみたいに

言葉が噴火していく

 

どどどどどどかーん

 

馬鹿みたい

 

全部、軽い冗談みたいなのに私は気がつかない

 

 

 

 

あなたに告白するために

 

私は私が嫌いで、だけど日常に愛はあって

このまま行けばきっといつか私は私を好きになって

この文章も懐かしく思うときが来るのだろう

 

 

分離意識のショートソング

さようならいつものあなた今日からは別のあなたに変身です

 

 

決めたこと。毎日文章書いてみる。自信つけるの。作家になるの。

 

 

どんな表現が合っているか探るぜ

 

 

 

この話フィクションですか?違います。本当にあったすごい逸話だ

 

 

死に至る病にかかるスポットの名前を教えるギャラリーがん

 

 

知らずしてキルケゴウルの著作だけ燃やした心患う病気

 

 

告白

 

 

オネムちゃん愛していますいつまでもかわいこちゃんだバブちゃんだラブ❤️

 

 

オネムちゃん愛ある暮らし営んで生きていこうね一緒だよラブ❤️

 

 

ラブラブでラブラブだからラブラブのオネムちゃんからチュウもらうラブ❤️

 

 

アハハハハこんな短歌を公開し恥ずかしいのは目に見えている

 

 

笑っちゃう!オネムちゃんたらいつの間に布団かむってミノムシみたい

 

 

オネムちゃん寝言でジーザスさすがだわ。信仰心もはんぱねーから

 

 

 

ごーしちごしちしちですね

 

 

 

ぬいぐるみ遊びでわかるオネムらの可愛さマジで宇宙並みだよ

 

 

 

世界中どこを探しても会えはしない。ほんとのオネムここにいるのよ

 

 

オネムちゃん10時には寝るいい子チャム。よしよしよしこ、夢に付き合う

 

 

 

ザブンザブ波にさらわれオネムちゃん海も似合うよきっとそうだよ

 

 

海水浴今年は行こう2人きり。水平線に陽が沈みゆく

 

 

あ、普通の短歌も混ざる

 

 

モコモコの雲がそびえる夏の空。オネム部長とテニス行きたい

 

 

バブドゥンと重低音に踊らされ感じ切るまでオネムは我慢

 

 

 

睡眠学習

 

 

 

汁、すする。手作り料理食べさせる。毒を盛らない良い彼女です

 

 

するりする。パンの香りに誘われてオネムちゃんも寄ってきたよね?!

 

 

ヘアゴムをすぐに失くして買い足していつのまにやらゴムコレクター

 

 

 

コンドーム穴が開いても膨らんで花が咲いたら実になるぜケケケ

 

 

 

字あまり

 

いちじ、寝ます!おやすみ

眠気も爆発させるショートソング

メッセージ!送られてきて気がついた、世界の終わる瞬間に立つ

 

 

伝えたい。ほっかむりして駆け抜けた。消防訓練大切ですね

 

 

火が踊る燃える現場で遊ばない。人生ひとつ終わるチカラが

 

 

現場では子どもだからと許されていつまでたっても未熟なボーイ

 

 

いろいろなポーズが描ける人すげぇ。隣のひとは修行中の身

 

 

種ひとつ心の中に芽吹いては逆巻く意志で隆々育つ

 

 

禍々と紅い瞳の自画像の流れる涙透明な血よ

 

 

どろどろと胸の辺りに感じてる、もやもやばかり気になっている

 

 

サイコパス!気にしないならぜひどうぞ。常識なんてけとばせばいい

 

 

食べに行こ!まだまだ入る!妊娠か?みたいなお腹で死ぬまで入れる

 

 

眼が覚めてびっくりしたの。立ちはだかる妖精なのか不思議存在

無条件の幸福短歌

ぬいぐるみ遊びに本気、かわいいこ。生きていくならみんな一緒に

 

 

なんてこと思わないよう抑えてる、自分の本音無視してるだけ

 

 

本当は条件なしで幸せになれるはずだが欲望暴れ

 

 

深夜には考えすぎておかしくて何を書いても恥ずかしいかも〜

 

 

 

目が覚めて文章かいてまた眠る。恋しい人との時間はいつか

 

 

知らぬ間に条件付きの幸せを受けては次を探す深夜に

 

 

 

いろいろと考えてみてはいるものの、正解なんて見つからないぜ?

 

 

 

自分なり選ぶだけだよ世界からありとあらゆるプレゼント来てさ

 

 

 

寝ます、明日も仕事?

 

 

おやすみ。

おはよう。

 

 

 

 

 

 

 

バブルガム!!!

膨らんだ胸に大人を感じたり恥じらいながら育つ自意識

 

悪い子はいねーかなんてのしのしと偉そうにしていけすかないぜ

 

ゆめだった初期衝動が爆発しデビューできるも続かないんだ

 

はらぺこだ。親睦会で焼き鳥を貪り食べるつもりでいます

 

最高のそれらを磨く材料はあれどびびって触れられない脳

 

もっと飛べ!はるかかなたへ!未来から応援してる行動しなよ

 

ブレーキがきかなくなってみたいから壊れたふりで始めてみよう

 

ばっちりだ!キマッてんすよ!毎瞬に神がかりすよ!永遠を知る

 

 

 

十字の空間

妙な夢を見た

言葉にしてみる

 

「こっちだよ」

 

振り返ると

 

空っぽの十字架が立っていた

向こう側の丘がしっかりと見え

 

輪郭は限りなく薄く

 

シャワシャワと風に揺らいでいた

 

きっとこれは正しい図像なんだな

 

そんな直感で目覚めた

 

私たちという存在のイメージは

まるで内側に何かを発する核があって

ぎゅっと満ちているような気がしていた

 

実際は曖昧な輪郭を持った

透明な空間なのかも

 

私たちは空いたスペースで

 

何かと同化しているでもない

 

そもそもがない

 

なぞる輪郭のようなものだけが

 

形を作っていて認識できる

 

 

そんな印象だった

 

よくわからないけど。

 

イメージとして。メモ